平織 / 平織 畳織
平織[PLAIN WEAVE]
 平織は縦線と横線が1本ずつ交互に上下、直角に交叉しており、全ての縦線と横線はそれぞれ平行で等間隔にあります。平織であれば安定した網になりますので、様々な織り方の中でも最も利用されています。通常は縦と横のメッシュ(正方形網目)のものが用いられますが、縦と横のメッシュが異なった(長方形網目)金網もあります。
畳織[DUTCH WEAVE]
 平織の一種である畳織は、太い縦線と細い横線とで織られたものですが、横線がちょうど畳のように相接して並んだ織り方です。表面に隙間は見られず、斜め方向に小さな契形の目開きがあるというのが特徴です。オリバーフィルター、遠心分離機、その他の各種濾過用の金網に用いられています。