金網は線の組合せ方によって平織、綾織、トリプル織、クリンプ金網など幾種類かに分類できます。また同じ織り方でも、撚線を使用したものは撚線金網、甲丸線を用いたものは甲丸線金網、角線であれば角線金網と区別しております。同じメッシュ(1インチ間にある網目数)でも、多種類の線径を用いた織り方が可能なのが織金網です。同じメッシュの金網でも線径が太くなれば、空間は減少し開孔率が減少しますが、堅牢性は増加いたします。
※下のボタンをクリックすると下記フレームにそのページが表示されます