ワイヤーコンベアーベルト
種別
呼び名称
記号
形状
特徴
ベルトのはかり方









バランス型
B
・蛇行のない真すぐな運行。
・あらゆる用途に使用される万能標準タイプ。
・小径のプーリーで回転可能。
・引張強度、シングルタイプの50%アップ。
直線   
バランス型
RB
・ベルト表面が平滑である。
・高温度でも歪みなく、スパイラルが左右にずれない。
・引張強度最高。
ダブル  
バランス型
DB
・空間率が大きく空気の流通水切れが良い。
・目あきの割に高度の引張強度がある。
密集   
バランス型
CB
・ベルト表面が極めて、平らで隙間がなく微細な粉状のものまで搬送できる。
・柔軟性があり、小径プーリーで駆動できる。









直線補強型
RR
・高熱用標準型ベルト。
・特に高温度でもベルトの延びが少ない。
・引張強さバランス型より50%アップ。
ダブル  
直線補強型
D
・ベルト表面が平らである。
・引張強度最高。
・重荷重用として最適。
固定ダブル
直線補強型
W
・ダブルスパイラルが左右に動かず、常にベルト面が固定し、左右にずれない。
・ベルト表面が極めて平らである。




シングル型
S
・普通の菱形金網で、クリンプ線、直線のクロスがないので、最も空間率が大きくチェン付きベルトとして適当。
・組織が簡単なので安価で軽荷重用。プーリー駆動用としては不適当。